タンパク質-健康食品

健康食品百科事典でタンパク質を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

タンパク質とは

タンパク質はアミノ酸で構成されている

私たちの体の16−20%を占めるタンパク質は、アミノ酸で構成されています。
筋肉や消化管、内臓、血中ヘモグロビン、髪や皮膚のコラーゲンなど、体の重要な組織づくりに不可欠な成分です。タンパク質、すなわちアミノ酸は食、スポーツ、健康、美容など様々な場面で幅広く活躍しています。

私たちの体を構成している、10万種類にも及ぶタンパク質は、わずか20種類のアミノ酸のさまざまな組み合わせでつくられています。これら20種類のアミノ酸は私たちの体にとって、決して欠かせないものです。
20種類のアミノ酸のうち食事から摂取する必要があるアミノ酸9種類を「必須アミノ酸」、体内で合成できるアミノ酸11種類を「非必須アミノ酸」といいます。
必須アミノ酸はもちろん欠かせない栄養素ですが、非必須アミノ酸はとらなくてもいいのか?というと、そうではありません。年齢や体調によって、非必須アミノ酸が不足気味になることがあります。

食事によってタンパク質を取得すると、それがアミノ酸に分解され、体内で様々な化合物に絶えず変化して、必要な場所で利用されます。最近では自分の目的にあった特定のアミノ酸をタイミングよく利用することでアミノ酸の持つ効果を効率的に得られることが明らかになりました。
アミノ酸バランスの改善に健康食品はうってつけといえます。

アミノ酸の種類と特徴

アミノ酸名 種 類 特 徴
バリン 必須アミノ酸 分岐鎖アミノ酸と呼ばれている。体のタンパク質を増やす働きや、運動時のエネルギー源として重要な役割を果たす。
ロイシン 必須アミノ酸 分岐鎖アミノ酸と呼ばれている。体のタンパク質を増やす働きや、運動時のエネルギー源として重要な役割を果たす。
イソロイシン 必須アミノ酸 分岐鎖アミノ酸と呼ばれている。体のタンパク質を増やす働きや、運動時のエネルギー源として重要な役割を果たす。
アラニン 非必須アミノ酸 肝臓のエネルギー源として働く重要なアミノ酸。
アルギニン 非必須アミノ酸 血管などの機能を正常に保つために必要。
グルタミン 非必須アミノ酸 胃腸や筋肉などの機能を正常に保つために必要。
リジン 必須アミノ酸 パン食・米食によって不足しやすくなる。不足すると成長障害や重篤な場合は生命に影響を与えることもある。
アスパラギン酸 非必須アミノ酸 アスパラガスに多く含まれ、速効性の高いエネルギー源。
グルタミン酸 非必須アミノ酸 小麦や大豆に多く含まれ、速効性の高いエネルギー源。
プロリン 非必須アミノ酸 皮膚などを構成する「コラーゲン」の主要な成分。速効性の高いエネルギー源。
システイン 非必須アミノ酸 皮膚に含まれる黒いメラニン色素の産生を抑える。
スレオニン 必須アミノ酸 酵素の活性部位などを形成するのに用いられる。
メチオニン 必須アミノ酸 生体内で必要な様々な物質をつくるのに用いられる
ヒスチジン 必須アミノ酸 ヒスタミンなどをつくるのにつくるのに用いられる。
フェニルアラニン 必須アミノ酸 多種の有用なアミンなどをつくるのに用いられる。
チロシン 非必須アミノ酸 多種の有用なアミンなどをつくるのに用いられ、フェニルアラニンやトリプトファンなどとともに芳香族アミノ酸とも呼ばれる。
トリプトファン 必須アミノ酸 多種の有用なアミンなどをつくるのに用いられる。
アスパラギン 非必須アミノ酸 アスパラギン酸とともに、TCA回路(エネルギー生産の場)の近くに位置する。
グリシン 非必須アミノ酸 グルタチオンや血色素成分であるポルフィリンをつくるのに用いられる。
セリン 非必須アミノ酸 リン脂質やグリセリン酸をつくるのに用いられる。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved