糖質-健康食品

健康食品百科事典で糖質を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

糖質とは

脳の唯一のエネルギー源

糖質(炭水化物)は3大栄養素の中でもっともエネルギーとして利用しやすく、無酸素の場合でもエネルギーを作り出せる、即効性のある栄養素です。酸素と結合すればより多くのエネルギーを生み出すことが可能です。1gで4kcalのエネルギーを生み出します。
また糖質は、ビタミンB1と一緒に摂ることによって、より効率よくエネルギーにすることができます。

糖質はブドウ糖、果糖などの単糖類、ショ糖、乳糖、麦芽糖など単糖類が2個結合した形の二糖類、でんぷん、グリコーゲンなど単糖類が集まった形の多糖類、この3種類に分けられます。
これらは1番分子の小さい単糖類に分解されてから体内に吸収されます。

単糖類は甘い菓子類や果物に含まれ、体内に吸収されるスピードが速く、血糖値が急激に上昇します。ですから運動中に不足した糖質を運動している最中や運動後に補給するには非常に効果的です。しかし普段からこうしたものを摂りすぎることは糖代謝異常(糖尿病)を招く危険があります。普段の食事は、澱粉(多糖類)として摂取していくことが健康のためには大切です。

糖質は脂肪の燃焼のためにも必要不可欠です。
脂肪は糖質なしには燃焼できないのです。いってみれば糖質は脂肪を燃焼し続けるための”種火”の役目をします。ですから、あまりに低血糖の状態で運動を続けると、運動中に糖質が尽きて、脂肪の燃焼も止まり、体が動かなくなります。
逆にエネルギーとして必要以上の糖質があふれると、中性脂肪につくりかえられ、内臓脂肪や皮下脂肪として体内に蓄えられ、肥満の原因となります。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved