脂質-健康食品

健康食品百科事典で脂質を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

糖質とは

最も大きなエネルギー源

脂質はタンパク質や糖質に比べて、少量で大きなエネルギーとなる非常に効率のよいエネルギー源です。ただし摂り過ぎると肥満につながります。
また脂質はホルモンや細胞膜、角膜などの構成成分となるほか、ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けるはたらきをします。

飽和脂肪酸の摂り過ぎに注意

脂肪酸は脂質の主な構成成分で飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とがあります。
飽和脂肪酸は肉類、牛乳、乳製品、チョコレートなどに多く含まれます。また不飽和脂肪酸は植物性油脂や魚の脂に多く含まれています。飽和脂肪酸はふだんから多く摂取していると、血液中にコレステロールが増えすぎて、動脈硬化やさらには脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの疾患を招きますので注意が必要です。
反対に不飽和脂肪酸は血液中のコレステロールを減らすはたらきがあります。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved