ミネラル-健康食品

健康食品百科事典でミネラルを分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

ミネラルとは

体に必要なミネラルを必須ミネラルと呼びます。
カルシウム、リン、マグネシウム、カリウム、塩素、ナトリウム、イオウなど必要量が多いものを主要元素、鉄、亜鉛、銅、マンガン、コバルト、モリブデン、セレン、ヨウ素、クロムなど必要量が少ないもの微量元素といいます。

体内に占めるミネラルの割合は約4%と微量ですが、体内で合成することができないため、食品から摂取しなければいけません。 ミネラルは酵素と結びつき、食物の消化、吸収、老廃物の排泄、エネルギーの生成など生命活動に欠かすことのできない代謝をサポートしています。体の機能を維持し、調節するために重要な役割をしております。不足すると欠乏症が起き、様々な病気を引き起こします。

またビタミンとミネラルは相互に協力し合って作用しているため、摂取量に偏りがあると働きが低下します。相互関係を知り、バランスよく摂取することが健康につながります。

ミネラルの所要量・性質・種類

名 称 元素記号 一日の所要量 効 能 種 類
ナトリウム Na 3.9g以下 浸透圧の維持、pHの調節、水分平衡の維持など。 主要元素
塩素 Cl 2.5g 浸透圧の維持、pHの調節、胃液の塩酸成分となる。
カリウム 1.6g エネルギー代謝、浸透圧・pHの維持、血圧調節、神経刺激の伝達、電位差の維持、水分保持など。
カルシウム Ca 600mg 骨・歯の主成分となる。 血液凝固、筋肉の収縮、神経の興奮抑制などに関与。
マグネシウム Mg 320mg エネルギー代謝、筋肉の収縮、神経機能、ホルモン分泌、体温調節など。
リン 900mg 骨・歯の成分、細胞の構成成分となる。 エネルギー代謝、体液の浸透圧、酸塩基平衡の調節など。
イオウ 含硫アミノ酸の構成成分(毛髪や爪の構造たんぱく質)となる。
Fe 10mg 酸素の運搬・貯蔵に関与、酵素の成分となる。 微量元素
亜鉛 Zn 12mg 酵素の構成成分、核酸代謝、細胞分裂に関与。
Cu 0.7mg 酵素の構成成分、鉄の吸収・貯蔵の促進、成長促進、免疫機能など。
マンガン Mn 4mg 酵素の構成成分、骨形成。
コバルト Co 補酵素、ビタミンB12の成分となる。
クロム Cr 25μg 糖代謝、脂質代謝に関与。
ヨウ素 150μg 甲状腺ホルモンの構成成分となる。
モリブデン Mo 20μg 補酵素となる。
セレン Se 25μg 素の構成成分となる、抗酸化作用。

成人の場合の所要量

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved