赤マムシ-健康食品

健康食品百科事典で赤マムシを分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

赤マムシとは

昔から元気がでる、精力がつく食品として親しまれてきたマムシ

マムシとは日本各地の草むらなど湿地帯にすむ毒蛇です。体調は約50cmで、頭は三角形、円形で斑紋があるのが特徴です。
特に体色が赤めのものを赤マムシと称して、薬効が高いといわれています。

赤マムシはこんな人におすすめ

  • 疲れやすい
  • 精力が衰えた
  • イライラしやすい
  • 生活習慣病を予防したい

赤マムシの効果・効能

タンパク質を構成するアミノ酸が豊富に含まれています。なかでもタウリン、メチオニン、チロシン、グルタミン酸は神経の高ぶりを抑え、血圧の正常化に働き来ます。

強精効果をもたらす有効成分はまだ解明されていませんが、良質なタンパク質が精子の生産を促すものと考えられています。

マムシの筋肉と内臓に含まれるペプチドは体内の生理活性に有効で、血流をよくし、血圧を下げ、心臓の正常化に働きます。

またマムシの脂肪は動物性ですが、リノール酸を多く含んでおり、コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぎます。
カルシウムが多いのも特徴で、丈夫な骨や歯をつくるだけでなく、イライラを鎮めて精神を安定させ、心臓の鼓動、筋肉の収縮をスムーズにします。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved