アルファルファ-健康食品

健康食品百科事典でアルファルファを分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

アルファルファとは

大豆を超える栄養価の野菜

アルファルファは中央アジア原産のマメ科の多年草で、葉は3枚の小葉からなり、草丈は50cmから1m程になります。

アルファルファというのはアメリカの呼び名ですが、これはペルシア語で「最良の草」という意味です。
和名はムラサキウマゴヤシ、ヨーロッパではルーサンと呼ばれています。

おもに牧草として栽培されていますが、やわらかくて甘味があるため、食用野菜としても用いられます。
アルファルファは通常、アルファルファもやしとして食卓にでる事が多いです。

アルファルファはこんな人におすすめ

  • 胃が弱い
  • コレステロール値が高い
  • 骨粗しょう症が気になる
  • 便秘で悩んでいる

アルファルファの効果・効能

各種のビタミン、ミネラルを含むほか、成長した草には葉緑素(クロロフィル)が含まれています。

アルファルファの注目すべき成分はタンパク質で、「畑の肉」といわれる大豆よりも必須アミノ酸を多く含みます。
植物性タンパク質には通常少ないリジンやトリプトファンも豊富です。

アメリカではダイエット食品として人気があります。

アルファルファもやしは疲労回復、滋養強壮、便秘解消などにも有効です。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved