カバノアナタケ(チャーガ)-健康食品

健康食品百科事典でカバノアナタケ(チャーガ)を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

カバノアナタケ(チャーガ)とは

βグルカン含有量がキノコ類で最多

カバノアナタケは白樺の古木に寄生するキノコで、長い年月、白樺の樹液を吸って大きくなります。
ロシアではチャーガと呼ばれています。

カバノアナタケ(チャーガ)はこんな人におすすめ

  • 免疫力をつけたい
  • ガンが気になる

カバノアナタケ(チャーガ)の効果・効能

病気に対抗する力である、免疫力を高めるβグルカンが豊富に含まれています。

また高い抗酸化作用を持つことから、抗ガン作用、抗腫瘍作用があります。

カバノアナタケのβグルカン含有量はアガリクスや霊芝と同等かそれ以上です。キノコ類で最多と考えられています。

またエルゴステロールなどの脂溶性成分も抗ガン作用を発揮します。

最近では抗ヒスタミン作用や抗ウイルス作用についても指摘されています。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved