キャッツクロー-健康食品

健康食品百科事典でキャッツクローを分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

キャッツクローとは

複合アルカロイドが免疫力を高める

キャッツクローは南米ペルーのジャングルに生育するアカネ科ウンカリ属の蔓性一年草で、樹木に絡みながら伸び、最終的には直径20cm、長さ30m程度にもなります。
葉のつけ根部分に猫の爪のようなトゲが生えていることから「キャッツクロー(猫の爪)」と呼ばれています。
ペルーの先住民インディオは蔓を切った時にあふれ出てくる樹液を飲んで、消化器系や免疫系の疾患に用いたとされています。

キャッツクローはこんな人におすすめ

  • 病気に対する抵抗力が弱い
  • 関節炎や関節症で悩んでいる

キャッツクローの効果・効能

キャッツクローの代表的な効果は免疫力増強作用です。
6種類のアルカロイドが体の免疫組織を刺激し、病原菌への抵抗力を増進させ、自然治癒能力を活性化させます。

また関節リウマチ変形性関節症の痛みの緩和、抗炎症、鎮痛作用などもあります。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved