クマ笹-健康食品

健康食品百科事典でクマ笹を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

クマ笹とは

クマ笹は伝統の民間薬

クマ笹は温帯から亜熱帯にかけて分布する笹の一種で、山野に自生するものもありますが、庭園などに植えられて観賞用にされることが多い植物です。
冬季には葉の外側が白くなって隈(くま)ができるので隈笹、あるいは冬眠から覚めた熊が好んで食べるので熊笹ともいいます。
健康食品として用いられるのは、有効成分に富んでいる緑色の濃い一年物の若葉です。

クマ笹はこんな人におすすめ

  • 疲れている
  • 胃腸が弱い
  • 骨粗しょう症が気になる
  • 血圧や血糖値が高い
  • ガンが気になる

クマ笹の効果・効能

クマ笹の葉には鉄、カリウム、マグネシウム、カルシウム、などのミネラルやビタミンC・K・B1・B2が多く含まれています。

また葉緑素(クロロフィル)や多糖類のパンフォリン、食物繊維のリグニンなどが含まれています。

抗ガン作用が認められて注目されていますが、ほかにもコレステロールの低下、血栓の溶解、血圧降下、貧血改善、胃腸の強化、免疫増強など様々な作用が認められています。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved