コラーゲン-健康食品

健康食品百科事典でコラーゲンを分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

コラーゲンとは

美肌を守り、アンチエイジング効果を発揮

コラーゲンは人間や動物の体を形成する繊維状のタンパク質です。
加熱料理した肉や魚が冷めるとゼリー状に固まることがありますが、これがコラーゲンです。
コラーゲンは人間の体における全タンパク質のおよそ30%をカバーしています。
皮膚や髪、爪、骨、血管など体のあらゆる部分を構成して、細胞と細胞の間を結びつけています。

コラーゲンはこんな人におすすめ

  • 内側から美しくなりたい
  • 関節の痛みで悩んでいる
  • もっと若返りたい

コラーゲンの効果・効能

皮膚の真皮(新しい皮膚を生成する部分)は約70%がコラーゲンで占められています。細胞同士をつないで酸素や栄養を吸収し、老廃物を除去する働きをするのがコラーゲンです。

コラーゲンは動物の骨や軟骨などに豊富に含まれ、肌のハリや弾力を保つ働きがあることから、ローションやクリームといったスキンケア商品にも利用されています。

コラーゲンは20歳前後をピークに生成能力が衰えはじめ、加齢とともに不足しがちになってきます。すると皮膚はみずみずしさを失い、老化が進行してしまいます。

またコラーゲンには関節の軟骨部の働きをスムーズにしたり、骨の組織にカルシウムが定着するのを助ける働きがあります。そのため関節痛、骨粗しょう症といった症状の改善にも効果があるといわれます。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved