紫イペ-健康食品

健康食品百科事典で紫イペを分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

紫イペとは

アマゾンの樹木から発見された抗ガン成分

紫イペは南米アマゾンの熱帯原生雨林に植生する、ノウゼンカズラ科の樹木で、タヒボとも呼ばれています。
学名はタブベイヤ・アベラネダエといいます。

紫色の花を咲かせる食虫植物です。

現地では古くから、この内部樹皮を煎じたものがお茶として常用されていました。
また消炎薬として、キズの癒しにも使われたと伝えられています。

紫イペはこんな人におすすめ

  • ガンが気になる
  • 貧血で悩んでいる

紫イペの効果・効能

紫イペに含まれるナフト・フラン・ディオンという成分に抗ガン作用が認められました。

栄養成分も各種含み、鉄、ビタミンB6、B12、葉酸などは増血を促します。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved