牡蠣-健康食品

健康食品百科事典で牡蠣を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

牡蠣とは

海のミルク、海のフルーツと呼ばれ栄養価が高い

牡蠣は有史以前からヨーロッパ、中国で用いられている栄養食品で、日本でも縄文時代の貝塚から牡蠣殻が発見されています。
養殖の歴史も古く、日本では17世紀の寛文年間に広島で始められました。

牡蠣は欧米で"海のミルク"または"海のフルーツ"と呼ばれ、日本でも"海の玄米"と呼ばれるほど、その栄養価が高いことが知られています。

牡蠣はこんな人におすすめ

  • 飲みすぎで肝臓が気になる
  • 精力が衰えた
  • 元気をつけたい
  • 風邪をひきやすい

牡蠣の効果・効能

牡蠣エキスは良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、滋養強壮に効果があります。

中でもタウリン、グリコーゲン、亜鉛の含有量が傑出しているのが特徴で、これらの成分が体内で有効に作用します。

タウリンは肝臓の代謝を活発にするので、肝臓病の予防に効果的です。また血圧を正常に保ち、血栓を予防する作用も認められています。

グリコーゲンはパワーが欲しいときに即効果を発揮するエネルギー源となり、亜鉛は生殖器の活動に重要な働きをします。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved