紅景天-健康食品

健康食品百科事典で紅景天を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

紅景天とは

酸素不足を補う唯一の植物、紅景天

紅景天は、原産地のチベットでは海抜3,500m〜5,000mという高地に自生している、ベンケイソウ科の野生多年生草本です。
茎や花など地表に出ている部分は10cm程度と小型で、根や根茎が健康食品に利用されています。

紅景天はこんな人におすすめ

  • 精力が衰えた
  • 年齢を感じる
  • シミ・ソバカスが気になる
  • 血糖値が高い

紅景天の効果・効能

紅景天の有効成分は紅景天ケトンとアグリコン・チロソールで、優れた滋養強壮効果があることが判明しました。
実際に宇宙飛行士の保健食品として使用されました。

大学の研究で、紅景天に含まれるグリコシド(配糖体)がアトピーに効果的で、美容面においてシミ・ソバカスの原因となる、メラニンの生成抑制作用があるとの報告があります。

脂質、タンパク質、必須アミノ酸、各種ビタミン、有機酸、ミネラルなど多くの成分を含んでいます。
また紅景天は植物の中で唯一、酸素不足を補う働きがあるといわれています。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved