赤マムシ肝臓-健康食品

健康食品百科事典で赤マムシ肝臓を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

赤マムシ肝臓とは

目には目を、歯には歯を、肝臓には赤マムシ肝臓を

マムシとは日本各地の草むらなど湿地帯にすむ毒蛇です。体調は約50cmで、頭は三角形、円形で斑紋があるのが特徴です。
特に体色が赤めのものを赤マムシと称して、薬効が高いといわれています。

数千年の歴史ある、中国のことわざに「以肝補肝」という言葉があります。
これは自分の体に悪いところがあれば、動物の同一部位を摂取することで、悪い部位を治すことができるという考え方です。「以肝補肝」は現代栄養学・現代科学からみても誠に理にかなった原理です。

赤マムシ肝臓はこんな人におすすめ

  • 精力が衰えた
  • 肝臓が気になる
  • 疲れている
  • ストレスが多い

赤マムシ肝臓の効果・効能

赤マムシ肝臓は、良質タンパク質(アミノ酸)の宝庫で、タウリンも含有しています。
タウリンは肝機能を亢進する働きや疲労・ストレス解消の働きをします。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved