蜂の子-健康食品

健康食品百科事典で蜂の子を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

蜂の子とは

律神経を整え、耳鳴り・難聴・めまいに効果を発揮!アンチエイジングにも

蜂の子とはミツバチ(オス蜂)の子供のことです。
蜂の子は栄養のあるローヤルゼリーやハチミツ、花粉などを食べて育ちます。これらの栄養をミツバチの子が、一度自分の体に取り込むことによって凝縮され、より私たちの体に吸収されやすい状態のものとなります。
蜂の子の主成分はアミノ酸です。全9種類の必須アミノ酸のほか、ビタミン類、カルシウム、鉄などがバランスよく含まれています。 蜂の子に含まれるアミノ酸は100g中57.71gもあり、50%を超えています。

蜂の子はこんな人におすすめ

  • 耳鳴り、難聴、めまいで悩んでいる
  • 老化を遅らせたい
  • 美しい肌を保ちたい

蜂の子の効果・効能

自律神経のバランスを整える効能があり、めまいや難聴、耳鳴りが回復にいいといわれています。

最近ではアンチエイジング素材として、人気が上昇しています。
アンチエイジングとは「加齢や老化というプロセスに対して、徹底的に対抗して人体として最良の状態を保っていこう」という究極の予防医学なのです。

中国の神農本草経によると、2000年以上前から最高級の滋養強壮食品として愛用されていました。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved