田七人参-健康食品

健康食品百科事典で田七人参を分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

田七人参とは

中国医学で重宝されてきた薬草

田七人参(でんしちにんじん)は高麗人参(こうらいにんじん)と同じウコギ科のハーブです。
中国の雲南省などで栽培され、東洋医学では不老不死の秘薬として重宝されてきました。
別名で三七人参(さんしちにんじん)、雲南田七(うんなんでんしち)とも呼ばれています。
時間をかけて育成するため、栄養価が高く、「人参の王様」ともいわれています。

田七人参はこんな人におすすめ

  • 精力が衰えた
  • ストレスが多い
  • アレルギーで悩んでいる
  • ガンが気になる

田七人参の効果・効能

有効成分として、サポニン配糖体に分類されるジンセノサイドがあり、高麗人参より含有量が多いとされています。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸も豊富で、心臓病や高血圧、不整脈に対する効果があります。
抗ガン作用も報告されています。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved