ブルーベリー-健康食品

健康食品百科事典でブルーベリーを分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

ブルーベリーとは

目の健康を保つスーパーフルーツ

ブルーベリーとは北米原産のコケモモ属の約20種類の総称です。一般に白い粉を帯び、熟すと紺色から黒色になります。食べると非常に酸味が強いことが特徴です。

ブルーベリーはこんな人におすすめ

  • 目を酷使している
  • 生活習慣病が心配
  • 糖尿病による網膜症
  • ガンが気になる

ブルーベリーの効果・効能

ブルーベリーが健康食品として注目を集めているのは、目に役に立つということがわかってきたからです。
その理由は網膜に含まれるロドプシンという物質に、ブルーベリーの色素成分アントシアニン(ポリフェノールの類の一種)が作用するからだといわれています。
ロドプシンは視力を保つ重要な物質です。

さらにブルーベリーに含まれるクロロゲン酸には、高い抗酸化作用も確認されています。活性酸素を抑制して、ガン予防や生活習慣病にもその効果が期待されている。
その他にも毛細血管を保護したり、血栓を防ぐ働きもあります。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved