グルコサミン-健康食品

健康食品百科事典でグルコサミンを分かりやすく解説いたします。健康食品についの知識を深めて、楽しい健康生活を送りましょう。

グルコサミンとは

関節のクッションである軟骨を守る

グルコサミンは軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種です。
変形性関節症などの関節炎の症状に効果を示し、コンドロイチンと併用されることが多いようです。
日本では健康食品として摂取されていますが、ヨーロッパでは薬品として認可されていて、アメリカではグルコサミン治療が一大ブームを巻き起こしました。

グルコサミンはこんな人におすすめ

  • 関節の痛みで悩んでいる

グルコサミンの効果・効能

グルコサミンはもともと多くの動物の体内に分泌している成分です。ひじ、ひざ、腰などの関節で、クッションの働きをする軟骨を健康な状態に保つ大きな役割があります。

軟骨は激しい運動や肥満による部分的なストレス、また年齢を重ねることで減少します。
グルコサミンの摂取は、長年の酷使により軟骨がすり減り、骨と骨がこすれるために起こる関節症を予防、改善します。

Copyright © 2006 健康食品百科事典 All Rights Reserved